なぜ歯を抜くのか

歯科矯正

歯を矯正するときは、抜歯が必要になるというケースが少なくありませんが、なぜそれが必要なのか疑問に感じている人もいるでしょう。その理由として挙げられるのは、「歯を移動させるスペースを作るため」というものであり、不正咬合によって顎が小さくなっていることが原因になります。狭いスペースに歯が収まりきらない状態になっているので、歯を抜くことでスペースを確保する必要があるということです。他にも、奥歯を支点にして歯列全体を引っ張る場合に奥歯に負担をかけないためという理由や、矯正した歯が元に戻るのを防ぐためといった理由もあると言えるでしょう。また抜歯の対象となる歯は、第二小臼歯が選ばれることが多いと言えますが、前歯や犬歯、奥歯は重要な歯なので抜かれることはありません。

歯医者を選ぶポイント

歯の矯正では、先ほども紹介したように抜歯が必要になることが多く失敗が許されない治療になるため、歯医者選びがとても重要になります。選び方のポイントとしては、まず、国内で権威のある学会から認定を受けている歯医者を選ぶということが挙げられます。この認定を受けるためには専門的な研修や厳しい試験に合格する必要があるので、安心して任せられる歯医者を選ぶ際の1つの基準になるでしょう。その他の選ぶポイントとしては、設備やスタッフが充実していることや、カウンセリングの対応がしっかりしていることが挙げられます。矯正治療は普通の歯科治療と比べると費用も高くなりますし、治療期間も長くなるため、より信頼できる歯医者を選ぶことが重要でしょう。

医療機関の違いについて

抜歯をすることも多く、失敗ができない矯正治療では、受診する医療機関の種類についてもあらかじめ知っておく必要があります。まず挙げられるのは「大学病院」ですが、こちらは教授から指導を受けながら研修医が治療をおこなうケースが多いと言えるでしょう。しかし、歯や顎関節に問題があるために通常の矯正治療ができない場合は、他の科からサポートを受けながら治療できるというメリットもあります。次に挙げられるのは「一般の歯医者」であり、矯正歯科の科目が設けられている場合は治療を受けることができます。ですが、専門医と比べると経験が少ないという場合がありますし、外部から専門医を呼んでいるケースでは診療日が限定されてしまうことがあるでしょう。最後に挙げられるのは「専門の歯医者」であり、こちらは先ほど紹介した認定医が開業している歯医者になります。ですので経験や技術の面では最も信頼できるところだと言えますが、一般の歯科治療はおこなっていないところも多いので、その必要がある場合は別の歯医者で治療をしなければなりません。